ブドウ作りも、もう少しでひと段落します

心配していた台風も思っていた程ではなく、

畑のブドウに大きな影響はありませんでした。


ブドウの樹と一緒にやってきた共同作業も、

私たちの作業部分は終盤になってきました。


種なし巨峰の房作りが昨日で完了したところ

今日、ついにブドウの粒に「飛び玉」がでました!

DSC01003ブログ

房の着色始まりです、

ブドウの房が正常に成長をすると

着色はまず一粒だけに色が付き、それから全体に着色がまわります。

すなわち房が順調に育っている証拠、

そしてラストスパートの袋掛け開始の合図です。

袋掛けの作業が終わると9月には

ブドウの樹が甘くて酸味がのった東御独特のおいしいブドウに

仕上げてくれます。


二か月の間おとなしく待っていたホセを

やっとかまってやれそうです。




スポンサーサイト
[ 2011/07/28 23:22 ] ブドウ栽培のこと | TB(0) | CM(4)