種あり巨峰の剪定が終わりました


ここのところ朝の畑はこのような雪景色が続いています。

今朝は天気も悪くて浅間山も見えませんでした。

DSC01157ブログ

1/9から始めた種あり巨峰の剪定が25日に終わり、
今は種なし巨峰の剪定に取り掛かっています。

種あり巨峰では軽く切れた種枝(今年、房を着ける新梢を初芽させる枝)も、
太い種なし巨峰の種枝になると大変です。
先日、用意したメイドインジャーマニーの出番が多くなります。

DSC01159ブログ

上の枝が種なし巨峰、下の枝が種あり巨峰です。
枝の太さがぜんぜん違いますが、これぐらい樹勢の強さも違います。
種なしは強すぎない強い樹勢、種ありは弱すぎない弱い樹勢になるように栽培します。

いい頃合いの樹勢に保つのが腕の見せ所、
それには樹との対話が大切ですがなかなか一筋縄ではいきませんね。
ま、そこが面白いところなんですが。

昼には東御らしい晴天になり、浅間山も顔を見せました。

DSC01164ブログ
二つの山の間から見えるのが浅間山です、手前には上信越道が通っています。
見えますでしょうか?



帰る時にお向かいの小屋を見ると、
屋根から下がるツララが斜めではありませんか!
DSC01168ブログ


風の強い東御らしいツララと1人納得してしまいました。


スポンサーサイト
[ 2012/01/28 20:23 ] ブドウ栽培のこと | TB(0) | CM(2)