アメニモマケズ房きり作業が終わってカゼニモマケズ

梅雨なのにまったく雨が降らず、

人は作業し易いのですがブドウの樹たちの水不足が心配な園主です。


我が家の畑には潅水用給水管が入っていますが、

出来る限り人の力を加えたくないので散水をせずにじっと我慢をしています。

ブドウの樹たちもじっと我慢しているので少しでも雨が降ってほしいものです。


雨といえば先日の台風4号が通る中で房きり作業を終わらせたのに、

次の日の吹き返しの大風で棚に新梢を留めたテープが切れて、

枝がひっくりかえってしまいました。

宮沢賢治先生の「アメニモマケズ、カゼニモマケズ」を

2人で唱えながらの大急ぎ作業でなんとか大事に至らずに済みました。

しかし「農家はアメニモタエシノビ、カゼニモタエシノビ」のほうが、

実感としてしっくりきましたね。

DSC01318ブログ

呪文を唱えてきれいに直すことができました。

DSC01321ブログ



そして今日のブドウの房はこんなです。

DSC01302有核ブログ
 種あり巨峰

DSC01311無核巨峰ブログ
 種無し巨峰

DSC01297パープルブログ
 今年、初生りのナガノパープル

DSC01296シャインブログ
 今年、初生りのシャインマスカット



毎日、順調に育っていますので、今年も楽しみに待ってて下さい。

パープルとシャインは初生りのため御出しできるほどの物になるか未だ判りませんが。


スポンサーサイト
[ 2012/06/29 01:12 ] ブドウ栽培のこと | TB(0) | CM(3)